「動かし続けること」

世の中は新型コロナウィルスの話題で持ち切り状態になっているのですが、それだけいろいろな面での影響力を懸念してのことだろうと思われます。

このブログにおいても、最近の話題と言えば自然とこれに関することになることからも、残念ながら影響力の強さを痛感することになります。

都内の週末の状況は明らかに変化しており、普段は人通りが絶えない場所であっても前後100メートル程度の範囲内に歩いている人間は自身しか居ない場合も珍しくありません。

電車のホームの様子も様変わりしており、先日の夜はホーム上に見える人影は僅か5名程度であることに驚くことになりました。(普段は当然のこととして数えられるレベルの人数ではありません)

週末における自粛要請の効果と言えるもので、その点においてはひとりひとりの危機意識も強いのでしょうし、そのように統制が取れる日本はやはり良い国だと再確認することにもなります。

医療崩壊を起こさないことが一番の目的だとも言え、それに対して多くの企業が協力体制で臨んでいるものです。

人が多く集まる場所で店舗を運営している会社においては、週末を臨時休業としたり予約制にしたり、また平日においても多くの店舗が時短にて営業されている状況です。

それにより感染のリスクが大きい通勤時間帯の満員電車は少なからず緩和されることになっていますし、テレワークが可能な業種においてはこれを積極的に取り入れることにより仕事の仕方にも変化が生まれているようです。

いずれにしても、経済活動を止めることは極力避ける必要がありますので、一時期の停滞はやむを得ないものの、インテリア業界においてもどのような方法で最低限動かし続けることが可能なのかについて知恵を出し合い実行する必要があるのでしょう。

「自粛から転機に」

首都ロックダウンとの物騒な表現も飛び出してきている現状ですが、「このまま何もしなければ」との絶対条件が付加されることを強調すべきだろうと考えています。

自粛ムードの中での気の緩みが最も危険だと言うことも含めて警鐘の意味合いが強いのだろうと受け取っていますが、確かにそのような状況下で強硬にイベントを開催することには疑問を感じます。

急遽のキャンセルに伴う損害は決して小さくないことは誰でも容易に想像できますし、それゆえ関係者の皆さんは同様に辛い思いをされつつも我慢している一面もあるのでしょうから、現段階では強制力はないものの抜け駆けのような状態での開催は如何なものかとの気持ちになります。

平日においては極力リモートでの仕事を要請され、夜間の外出は控えることに加えて、今週末においても不要不急の用事以外での外出は控えるようにと発表されました。

そのような小池都知事の会見終了後は、案の定閉店間際のスーパー等に買いだめ目的の人が多く詰め寄せたようですし、前回に引き続き何だか複雑な気持ちになりました。

率直な感想として「本当に脆いな」と言うことに尽きますが、新年を迎えた際にまさかこのような事態に陥ることになるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか。

それだけに不測の事態と言えるのでしょうし、死活問題に直面している業界のことを考えると、このような時こそ政治判断に少しでも誤りがないことを期待するばかりです。

そして、このような今こそ我々ひとりひとりが出来ることを精一杯やるべきなのでしょうし、不謹慎な表現かもしれませんがこれを機にジャンプアップするくらいの前向きな意識で取り組んでいければいいだろうと考えています。

「目的意識」

まだまだ先が見えない新型コロナウィルス対策ですが、人間の命以上に大切なものはないことを大前提としつつも、それにより経済活動が停滞してしまうことの広範囲にわたる損失を考えると、この問題は長く糸を引いてしまうことになりそうです。

それだけに日々の政府判断に万が一でも誤りがあると大変な事態になることも容易に想像できますので、慎重にことを進めている状況も見えてきます。

一方では過去に類を見ないくらいの異例なこととは承知しているものの、このような非常事態に対する対応力についてはあまり進歩がないようにも感じてしまいます。

これは日本に限ったことでもなく、安易なデマに簡単に振り回されてしまう人間としての根本的な弱さも見え隠れします。

このようなデマの拡散スピードについては、SNSの普及により爆発的なものがありますし、基本的に便利なものなのでしょうが裏腹な部分についても改めて確認することになります。

これは性格の問題かもしれませんが、良い意味での鈍感な部分も必要なのでしょうし、ある部分ではファジーな一面も必要なのかもしれません。

いずれにしてもこのような状況下では確実に人の動きは鈍っていますし、いわゆる衝動買いの性質を持つ製品の動きも明らかに鈍っていることを耳にします。

その反面、目的意識を持たれた方の動きに大きな変化は見られないため、そのような方々にとってみれば返って検討しやすい環境になっているようにも感じられます。

竣工時期が延びる等、新築工事に少もなからず影響が出ていることも耳にしているものの、それが家具選定基準にも影響を及ぼすことはないと思われるため、オーセンティシティにおいては変わることなく自信を持ってお勧めしていきたいと思っています。

「冷静な対応」

新型コロナウィルスの影響については、未だ収束の見込みが立っていないような状況です。

感染が明らかになった風通しの悪い空間は極力避けた方が良いとの政府からの発表もあり、一部自治体によっては不特定多数の方々が出入りする飲食店と言う性質上、感染者の勤務先名まで公表されたようです。

これらはあくまでも感染者が広がることへの注意喚起目的であり、一定の理解は出来るものの、一方では風評被害に苦しむところも少なからず出てきているようでもあります。

予防効果は限定的であると言われているものの、マスクについては国内での増産を行っているものの依然として品薄状態が続いていますし、そのような状況下において法外な価格で売買されている現実もあるようです。

その背景としてはもちろん需要と供給のバランスがあり、ある意味当然のことと言えるものの少なからず違和感を覚えざるを得ません。

緊急事態と言える状況下においてはデマによりそれを信じる人も信じない人も結果として買いだめに走る構造も見えてきます。

自身はそのようなデマは信じないが、きっと信じる人が少なくないとだろうとの予測のもと結果として自身も買っておく必要があるだろうとの心理状態になるのでしょうし、この辺りは人間の弱さが露呈しているようで何だか複雑な気持ちになります。

専門的なことは分かりませんが、大勢の人が集まるイベントはほぼ中止になったり無観客での開催になったりと、今がとても重要な局面にあることは容易に推測できるものの、過度な報道は如何なものかとも感じてしまいます。

過去に類を見ないくらいの異例な事態であることは間違いないものの、この局面では特に冷静な対応が必要になるのでしょうし、極力経済活動も止めることのないようにひとりひとりが心掛ける必要がありそうです。

「愛情」

仕事柄、各所でレクチャーやセミナーをさせていただくことがあります。

本来であれば内容についての台本等、事前に相応の準備が必要になるのでしょうが、私の場合はあえてそれを行うことはありません。

与えられた時間内に綺麗に収まりきることがスマートですし、それゆえの事前準備ということになるものの、そのような状況下で強い印象を与えることが難しいように感じていることもあります。

良い意味でのハプニングとでも言うのでしょうか、自然な流れの中で必要とされる情報を都度提供するように心掛けることで少なくともマンネリ化することは避けられるものです。

その背景としては、もちろん絶対的な自信を持った豊富な情報量や経験値があるもので、簡単に言えば「どこからでも掛かってこい!」との意識になります。

このように表現すると多少なりとも傲慢な態度を連想させる可能性も感じられるのですが、「知らないことは丁寧に教えてあげたい」とか「各種事情により植え付けられた間違った知識を訂正してあげたい」とのプロとしての使命感にも似た気持ちが根底にあることを確認しておきたいと思います。

このように表現しても上から目線に感じられるかもしれませんが、家具においては特に「知らないから騙す」ことが少なくない現実があることからも本当のことを知ってもらいたいとの純粋な気持ちになります。

メーカーの都合によりあえて間違った情報を流し続けることも一部では慣例化していることに対して、強く否定したい部分もあります。

上手に表現できませんが、家具に対する愛情とでも言えば最もしっくりくるものがあるように感じますので、その部分を礎としながら今後においても取り組んでいきたいと考えています。