「動線」

大型家具の代表格とも言えるソファを設定する際には、必ずと言ってよいほど問題になる部分が動線になります。

起きている間では最も長い時間を過ごすことになるソファだけに、実際の使用性を考えれば小さいよりも大きいことに越したことはありませんし、そのように提案することも少なくありません。

そこで比較的よく耳にする言葉として「大きいと場所を取ってしまう」との表現があります。

もちろんソファの場合は高さ方向よりも平面上で多くの場所を占有することになるため、そのことも間違っているとは言えません。

しかしながら「場所を取る」との表現は不要なものに適用されることであり、例えば毎日充分なくらいに活用出来ているものに対して使うことはないと思われます。

もしかするとソファにおいては長期にわたり満足して使用できるものが少ない現実がそのようなイメージを生んでいるのかもしれません。

ソファには少なからずこのような背景があるだけに、大きなソファを設置する際の動線については充分検討されたうえで納得される必要があることは間違いありません。

残念ながら、このことはプロでもない限り平面図だけでは実感として把握できない現実があるだけに、可能な限り現実に近い形でイメージできるようにすることが大事になります。

平面的な大きさを把握するためには実際のソファの大きさになるように新聞紙等を繋ぎ合わせることも効果的ですし、更にソファの横姿も同様に作成にて起こしてみることで立体的な高さ関係も概ね把握することが可能になります。

そのうえで、決して期待を裏切ることがない上質なソファを中心としたライフスタイルをイメージすることで最も適切な動線が見えてきます。

「長椅子とソファ」

椅子を横に伸ばした形のものを長椅子と呼ぶこともあります。

ベンチも同じ種類に属し、基本的に腰掛けることを主目的とした家具となることからも、ある意味ソファとはまったく違うものと言えるでしょう。

もちろんソファも腰掛けることが重要な機能のひとつなのですが、その腰掛け方については様々なスタイルに対応可能となります。

そのクッション性からも椅子よりも休息に適していると言え、自然とそのうえで過ごす時間が長くなるものと思われます。

奥行きの深いタイプであれば、座面上に上がり込んで寛ぐことも可能になり、アームを背にして足を伸ばしたり時には枕にして横になったりと、思い思いのスタイルで寛ぐものがソファになります。

一般的にウッドフレームソファと言われるタイプは、現実的にはこのようなソファとしての機能が充分備わっていないものも少なくありません。

デザイン性優先だったり、単なる椅子の延長線上だったりと、長椅子やベンチからソファになり切れていないものを多く目にします。

多くの場合はソファ専門メーカーのノウハウが注入されていないことが背景にあり、木工を中心としたメーカーだけではソファと呼べるものを開発することが難しいことはある意味当然のこととも言えます。

一方、張りぐるみタイプと言われるソファを専門としているメーカーでは難しいことも少なくありません。

希少な高級材料調達能力もさることながら、最先端の機械を効果的に活用しなければ難しい精度面と、職人の感覚でしか難しい加工面を上手に両立したものがオーセンティシティソファであり、更にソファ専門メーカーのノウハウが惜しみなく注入されていることからも、これがまさしく本物のウッドフレームソファと言えます。

「ソファの奥深さ」

腰掛ける道具として機能する椅子においては、人間工学を無視することは出来ません。

一般的には人間が腰掛けるものとして設計されるからであり、そのサイズにおいて極端に大きな違いが見られないことを考えれば理解できるでしょう。

当然のように体格差によりマッチングには差異があるのですが、椅子においては特に大きな問題との認識もなく4脚だったり6脚だったりと一度に同じ椅子を揃えられることが多いものと思われます。

一方のソファにおいてはその限りではなく、多くの場合は少なからず悩まれているように感じられます。

その背景としては、ダイニングの椅子とは違い、やはりそれ以上の時間を過ごすことになることからも簡単には決められないとの意識が背景にあるのでしょう。

更に、その大きさやタイプも様々なことからも、多くのものを見れば見るほど「一体何が良いのだろう…」と益々分からなくなってしまっているようにも感じています。

価格帯も含めて選択肢はとても幅広いことからも、基本的に体格差が違うご夫婦の意見が合致するものを見つけることは至難の業とも言えます。

普通に腰掛けることだけがソファの機能だと思われている場合が多く、デザイン性も含めてどちらかが大きく妥協することがない最大公約数を見つけることに時間を費やしているようです。

発想の転換が必要であり、既成概念にとらわれることなく、それを期にライフスタイルを見直してみては如何でしょうか。

本当に良いソファとの出会いによりライフスタイル自体が大きく変わる可能性もあるため、先ずは本当の意味でソファに精通したお店を選ぶことから始め、いろいろな面で納得されることが大事になります。

「価値観」

家具購入の動機付けとして最も多いものに新居への引っ越しがあり、やはり気分一新家具においても新調したいとの意識が強いものと思われます。

次いで多いものに、住まいは変わらないものの一部の家具のみ買い替えることがあります。

おそらくは古くなったり場合によっては壊れてしまったりしたことがその理由で、比較的頻度が高く感じられるものにソファがあるようです。

その使用期間においては6~7年~20年程度までと幅も広いのですが、買い替えを決断する前に表皮材のみ張り替える選択肢を持たれる場合においては、比較的それを長く使用されてきたことに共通点を見出せます。

長く使用されてきたということはソファとして充分機能してきた証であり、張り替えにて更に継続使用したいと感じさせる耐久性と相応の商品力が備わっているのでしょう。

「良いものを長く」がエコの基本だとすれば、理想形はここにあると思われるものの現実はその限りでもなく、耐久性についてはそれほどまでに重きを置かれていないソファも少なくないようです。

もちろん同じものを長く使用されることだけが価値観でもなく、比較的短いサイクルにて買い替えることで気分一新を図る価値観も存在すると思われます。

後者においても否定することは出来ないのですが、買い替え頻度が高まるということはそれだけ廃棄処分するものも増えるということだけは頭の隅に置いておく必要はあるだろうと考えています。

気分一新を図る方法としては、すべてを買い替えることばかりではなく、ソファの場合であれば表皮材を替えるだけでも充分目的達成することが可能です。

露出している無垢材であれば経年変化を楽しむこともひとつの価値観ですし、それに合わせて表皮材カバーも容易に交換可能な高耐久性を誇るオーセンティシティソファの世界観も楽しんでみては如何でしょうか。

「400回目で想うこと」

今回でちょうど400回目の更新を迎えることになります。

月に3回、年間36回のペースで更新していますので、本ブログを始めてから丸11年間を過ぎ12年目に入っているということになります。

300回目においても同様の書き出しで綴っており、それからでも既に3年近くが経過していることになります。

前回同様当時のことを思い起こすことにも変わりはありませんが、もしかすると全体として大きな変化は感じられないかもしれません。

ゆっくりと着実にブランディングされていることは確かなもので、それが知る人ぞ知る「AUTHENTICITY」だとすれば、まさしく「らしい」と言えるのでしょう。

一方では、このような決して速いとは言えないペースからも、まだまだ本ブランドや本製品のことを知らない方も大勢存在するのだろうと考えると、もう少しでもペースアップすることが望ましいようにも感じます。

自分たちが自信を持ってお勧めできる本当に良いものだからこそ、もっともっと多くの方々に使用していただきたいとの率直な気持ちが根底にあるからです。

ブランディングのスピードにおいては、これとは対照的な家具ブランドも多く存在し、短期的な認知度アップは短期間に多くのユーザーを生み出すことにも繋がっているようです。

しかしながらこれも行き過ぎると製品寿命そのものを短くしてしまうようにも感じており、やはり「じっくり」とのスピード感も大切にする必要があるのでしょう。

この辺りはもどかしいところですが、「AUTHENTICITY」らしく、どっしり構えながらも少しばかりペースアップすることで、新たなユーザーが増え続けることを願いたいと思います。