「座り心地のデザイン」

家具デザインにおいては、そのフォルムだけではなく機能性においても充分考慮する必要があります。

道具ですのでそれは当然のことなのですが、体感家具を代表するソファにおいては単に椅子の延長戦上にあるとの考え方では成り立ちません。

長椅子とはまったく別物となり、そのクッション性の振り幅はとても広いことからもそれだけに難しく専門的な分野だと言えるでしょう。

その形状を変えることで座り心地を表現すると言っても過言ではないソファだけに、またそれゆえのカスタマイズ性の高さもあるだけに、クッション材の素材についても相応に理解していなければ設計は出来ません。

先日はある展示会に足を運び、いろいろなソファに腰掛ける機会があったのですが、中には硬さが違う2種類のクッションより選定することが可能なものも見られました。

このようなソファは以前より見られることもあり特別感はないものの、やはり少しばかり違和感を覚えたものです。

慎重に座り比べなければ分からないくらいの違いであれば2種類設定する必要もないのでしょうから、当然のように明らかに違うことからも明らかにそのソファにとっての向き不向きも感じられました。

極端に柔らかく沈み込む座面ですと、見掛け上のSHよりも実際はかなり低いSHとなりますし、それにより背もたれ部との関係性も変化します。

例えばスタイルとしてローバックタイプに仕上げたものの、座面を柔らかく沈み込ませることにより背もたれ部のホールド感を増す工夫のものもありますし、その場合は座クッションを硬く沈み込まないものにしてしまうとその関係性が明らかに狂ってしまいます。

このようにソファにおいてはそのフォルムと同時に座り心地においてもデザインすることが必要になりますので、そのデザイン意図を知ることが出来ればそのソファの本質も見えてくるでしょう。

「信頼関係」

高級家具の購入先としては、百貨店も含めて以前は選択肢がかなり広かったように感じられます。

しかしながら需要の問題もあり、また安価な家具が確実に増えたこともあり残念ながらその購入先としての選択肢はずいぶんと絞られたことが現実です。

記憶に新しいところではIDCのお家騒動がありましたし、当時は両者の言い分も理解できるものの折衷案はないものかと個人的には思ったりしていました。

あいにくそのままの形態では継続できず、一方の創業者の店舗においては当初厳しい状況だったと思われるものの、確実に良くなっていることを知り少しばかりホッとしたことも事実です。

高級品を中心に扱っていることもありやはり販売員の力量にかなり左右されるようですが、反対にそれがあれば確実に良い方向に向かうことになります。

高額品ともあり充分納得しなければ購入には至らないでしょうし、それにはやはりしっかりとした接客が必要になることは間違いないでしょう。

豊富な製品知識を有していることは当然のこととして、その中で築き上げられる信頼関係も必要不可欠でしょうから、その点においてはやはり以前構築された手法は間違いではないとも感じています。

当然すべての人に当て嵌まるものではないのですが、間違いのない製品選択のためには必要だと判断される人も少なくないでしょうし、少なくとも高級品を扱う場合は必要なことなのでしょう。

製品知識面において、各社製品を扱うことにより総合的且つ客観的な説明も可能になるのでしょうし、会社間の関係性においてまったくフラットな状態であることを前提とした場合はそれがかなりのストロングポイントになるかもしれません。

一方のメーカーにおいては、実際製造していることの強みは絶対的なものがありますので、各々の専門分野となる説明を直接受けることがベストですし、またその中で信頼関係も構築できるものと思われます。

「立ち上がりやすさ」

ソファにおいては、それが寛ぎの場となることを常にイメージすることになります。

しかしながら体格は様々となることからも、すべてを万人向きに設計することは不可能とも言えます。

デザイン性やテーブルとの関係性を統一させる必要がないことが前提となりますが、椅子の場合はひとり一脚のようにその人の体格にマッチするものを選定することは可能だと思われます。

しかしながらソファにおいてはその限りではなく、その大きさもあり一般的にひとり一脚とはいかないことが現実です。

そうなるとソファ選びはとても難しいと言うことになりますし、寛げることはもちろんのこととして、立ち上がりやすさについても考慮する必要があります。

一般的にはご年配層において特に注意すべき点となり、仮に充分な寛ぎ姿勢を得られたとしてもそれが立ち上がりやすさと比例するものではありません。

また、立ち上がる際には手で座面や肘掛けを押して立ち上がりを補助することになりますので、その点も考慮すると極端に座面が軟らかいものや極端に低かったり高かったりする肘掛けはあまり好ましくないとも言えるでしょう。

また、単に手のひらを広げて押さえるだけではなく、手のひらで軽く掴むことが出来るくらいの適度な幅があると更に安定した立ち上がりを補助することになりますので、その点においては座面よりも肘掛けの方を優先する方が良いのかもしれません。

オーセンティシティソファにおいては間違いなく一生ものと言える耐久性を有していますので、若い方も決して他人事だとは考えず少しばかり念頭に置いておくことも悪くなないでしょう。

見た目のデザイン性もさることながら、少しばかり視点を変えてこのような機能性についても意識しながらご自身にマッチしたソファ選びをされることをお勧めします。

「搬入」

家具においては、家族構成やそれゆえの機能性はもちろんのこととして、先ずは設置される場所との兼ね合いを考えその大きさを定めることになると思われます。

最初のステップとしては、ご自宅の平面図にそれらを落とし込み、生活動線が確保されることを大前提としてそのレイアウトも含めて検討することになります。

これはあくまでも平面図上での作業ゆえ、その過程では立面図も参照しながら例えば腰窓の高さや天井高等、高さ方向についても充分考慮しながら進めることも一般的でしょう。

時には室内パース等にてイメージを把握できやすくするためのサービスもあるでしょうし、特にご新居用に検討される場合はその時期が最も楽しい時期と言えるかもしれません。

その過程ではいろいろとご覧になるでしょうし、おおよその予算面も考慮しながら徐々に絞り込みを行うものと思われます。

しかしながら忘れてはいけないことに搬入面がありますので、絞り込まれる際にはその点も充分検証する必要があります。

戸建ての場合は2階以上にL/D/Kを設ける設計も少なくなく、その場合は一部のケースを除き大きな家具は階段からの搬入は不可能となります。

平屋建てやL/D/Kが1階となる場合においても安心はできず、それらとのアプローチが玄関からストレートでない場合はいろいろと制約が加わることになりますし、隣の家や敷地の関係上掃き出し窓より搬入できない場合も珍しくありません。

マンションにおいても同様な条件に加えて、エレベーターへの積載が可能なのかについても検証する必要があります。

どうしても難しい場合は2ピース等にて製造したり組立式にして室内に搬入後組み立てたり、その仕様についてもそれが可能なのかも含めて充分な確認が必要になりますので、やはり経験豊富な販売店に相談されることがお勧めです。

「機能と大きさ」

ソファにおいては、リクライニングするものやヘッドレストが立ち上がるものも多機能に当てはまるものと思われます。

後者の代表的なものとしてヴィコ・マジストレッティがデザインした「マラルンガ」が有名ですし、その機構をベースとした類似品は各社より販売されています。

一般的にヘッドまで支えることが可能なハイバックタイプは圧迫感が強くなることもあり好んでデザインするものでもないため、時にはそのようにも形を変えるソファの存在意義はあるのだろうと考えています。

別途ヘッドレストをオプション設定しているものも少なくなく、やはりこの機能は必要に応じて形を変えたり追加したりすることにて対応することが良さそうです。

また、通常よりもシートの奥行きが深いタイプは各種姿勢を可能にすることからも多機能だと言うことが出来ます。

背クッションを二重にして通常に腰掛けることはもちろんのこととして、時には座面上に上がり込み胡坐をかいたり横になったりと、ある意味日本人的とも思われる各種使い方に対応することになります。

ソファの場合は「大は小を兼ねる」と言っても過言ではなく、小さなものは大きく使うことは不可能なものの、大きなものはクッション等にて調整することにより小さく使用することも可能となります。

このように、ある機能に特化した可変ソファとは別の観点において、それ自体のサイズが関係することも間違いありません。

一般的には生活動線も充分考慮したうえでスペースに適したサイズのものを選定することになるのですが、ソファにおいては単なる飾りではなく典型的な機能家具となることもあり、いろいろな姿勢にて寛ぐことが可能なものを充分吟味されることをお勧めします。

また、体格差を埋めるソファとしては大きなものを基準とされることが大事になることも付け加えておきます。