「安定感」

今では当たり前のように国産家具に携わっていますが、25年以上前にはインドネシアでのラタン(籐)家具の開発に携わっていたことがあります。

デザインはもちろんのこととして、現地工場での打ち合わせから始まり、試作品検品から輸入国内販売に至るまで一通りの工程に携わった経験があるのですが、国民性の違いからくる感性のギャップには最も苦労することになりました。

日本人にとっては明らかなNG製品であっても、現地の人にとっては何がNGなのか理解されないのです。

指摘箇所については理解を示すものの、それが何故いけないことなのかまったく理解できないとのやり取りが日常茶飯事でした。

常識的には考えにくいことですが、同じ製品であっても発注ロットによってアームの高さが数センチ違うことも珍しいことではなく、その指摘に対してはその程度違うことで一体何が問題なのか理解できないとの反応も決して珍しいことではありませんでした。

そのような見解は製造責任者である工場長のものであることからも、これ以上望むのであれば製造依頼先を再検討するしかないだろうとの気持ちにて収めるしかない状況でした。

以上はあくまでも25年以上前のことであり、現状においても同じ状況だとは考えにくいものの、少なくとも日本人の手による製品と比較するとそのレベルに到達するものは少ないものと思われます。

これはラタン家具に限るものではなく、かなり技術力が増し日本製との違いがほとんど分からなくなっているとの家具においても、ディテールを見ればその違いは明らかなものです。

家具においては特にですが、作り手のディテールへのこだわりが感じられたときの信頼感は更に増すことは間違いないもので、それは純粋な日本製となるオーセンティシティ家具の安定感にも繋がっているものと思われます。

「実店舗」

これを機にライフスタイルを見直すことには肯定的な考え方なのですが、人との接触を極力減らすために多くの買い物を通販で済ませようとする方向性については多少なりとも無理があるだろうとも考えています。

肯定的な部分としては、基本的なこととしてのソーシャルディスタンスの意識づけや、とても初歩的なこととしてのこまめな手洗いを習慣づけることにあります。

日々多くの方が経験することになる密の代表的なものとして、満員電車をつくり出さないようにする工夫も更に推進する必要があるのでしょう。

そのための働き方については企業側にとっての大きな課題かもしれませんが、すべてにおいて連携しない限り大きく改革することは難しい現実も感じます。

もちろん職種によってはリモートワークを行うことは不可能で、しかも勤務時間帯の変更も難しい現実もありますので、急激に変えることは出来なくとも全体としては少しずつでも良い方向性に向かわせることは出来そうです。

日々の買い物においても工夫次第でその回数を減らすことは可能でしょうし、実店舗でなくとも通販で購入可能なものも少なくないのかもしれません。

私自身、ネットショップの利用頻度は高い方ですが、ネットで購入しても問題ないものとそうではないものとはきちっと分けています。

例えば、実際何度か使ったことがあり信頼できるものであれば実店舗にて実物を確かめながら購入する必要もありませんが、そうではないものについてはやはり冒険以外の何物でもありません。

体感製品はもちろんのこととして、似ているようでまったく違うものが少なくない家具においては実物を確かめることは必要不可欠になりますので、同時に細かな説明も受けられる実店舗の存在が重要であることは間違いなく、何よりも信頼できる店舗であることが最重要ポイントと言えるでしょう。

「Stay Home」

このような状態ゆえ、テレワーク用のデスクやチェアが紹介されることが多くなったような印象を受けます。

これが不可能な職種が少なくないことも重々承知していますが、総体的には自宅での仕事の時間が増えたことは間違いないでしょう。

また決して望むことではないものの自宅での待機が余儀なくされている職種も少なくないようですし、大前提として外出は自粛する必要性があることからも結果として自宅で過ごす時間が増えていることは否定できないものと思われます。

その間は常に仕事に従事していることもないでしょうし、当然のこととして寛ぎタイムは必要になるのですが、そこに満足感を抱いている方は果たしてどの程度の割合になるのか、ふと考えることになりました。

もちろん環境が違えば寛ぎのスタイルも様々でしょうし、それを特定することは出来ないものの、仮に椅子とソファがあれば後者がその機能をより多く有しているものと思われます。

例えば椅子の場合はその上で横になることは難しいですし、基本的に一人用となることからも姿勢の自由度は確実に限られます。

それに対して畳やカーペット上の場合は広い空間を生かしていろいろな姿勢で寛ぐことが可能でしょうが、床面との高低差がないフラットな空間は、それはそれで長時間になると疲れるものです。

立ち上がりやすさの観点からもやはり相応の高低差を上手に活用することが望ましく、人間工学に基づくその機能性を最大限有したソファの出番です。

更に、機能性に限ることなく目で見て楽しむ寛ぎのスタイルもあるため、この両方が高次元で融合されているオーセンティシティソファの存在感が高まるのではないかと勝手に考えているところです。

「一喜一憂」

人間の習性とも言えるのかもしれませんが、マスコミ各社は視聴者の心理状態をもてあそぶかのような映像を流し、それに対して敏感に反応する視聴者も少なくない現実があります。

スーパー等の空になった陳列棚を映像として流すことにより、多くの視聴者はどのように感じどのような行動を起こすのかについて、このようなときだからこそ更に慎重になってもらいたいとの気持ちです。

予想通り悪い結果を生んだことを受け、今後はそのような映像を流すことは自粛すると堂々と発表されるのですが、正直なところ如何なものかと思ってしまいます。

また、日々の感染者数についても常に報道され続ける現実があり、それに対して一日の感染者数を更新しただとか昨日よりも少し減っただとか、決して無意味だとは思わないものの、それほどまでに重要視すべき性質のものだとは感じにくいものです。

環境や立場が違うこともあり、経済対策についての意見は様々であることがむしろ自然でしょうし、自身の考え方と多少なりとも食い違うものに対して批判しかできないことも如何なものかと感じます。

確かに全体としてのピリピリムードは否定できないものがありますが、このような状況下だからこそ自分自身のことだけではなく、社会全体のことを考える必要もありそうです。

そのためにも先ずは冷静に情報を受け取る必要があるのでしょうし、日々の情報に一喜一憂するのではなく、今は可能な限り早いタイミングでの終息を実現すべく各々の違った環境下でもひとりひとりが出来ることを確実に実行することなのでしょう。

「動かし続けること」

世の中は新型コロナウィルスの話題で持ち切り状態になっているのですが、それだけいろいろな面での影響力を懸念してのことだろうと思われます。

このブログにおいても、最近の話題と言えば自然とこれに関することになることからも、残念ながら影響力の強さを痛感することになります。

都内の週末の状況は明らかに変化しており、普段は人通りが絶えない場所であっても前後100メートル程度の範囲内に歩いている人間は自身しか居ない場合も珍しくありません。

電車のホームの様子も様変わりしており、先日の夜はホーム上に見える人影は僅か5名程度であることに驚くことになりました。(普段は当然のこととして数えられるレベルの人数ではありません)

週末における自粛要請の効果と言えるもので、その点においてはひとりひとりの危機意識も強いのでしょうし、そのように統制が取れる日本はやはり良い国だと再確認することにもなります。

医療崩壊を起こさないことが一番の目的だとも言え、それに対して多くの企業が協力体制で臨んでいるものです。

人が多く集まる場所で店舗を運営している会社においては、週末を臨時休業としたり予約制にしたり、また平日においても多くの店舗が時短にて営業されている状況です。

それにより感染のリスクが大きい通勤時間帯の満員電車は少なからず緩和されることになっていますし、テレワークが可能な業種においてはこれを積極的に取り入れることにより仕事の仕方にも変化が生まれているようです。

いずれにしても、経済活動を止めることは極力避ける必要がありますので、一時期の停滞はやむを得ないものの、インテリア業界においてもどのような方法で最低限動かし続けることが可能なのかについて知恵を出し合い実行する必要があるのでしょう。