「適正価格と価値」

適正価格が分かり難い家具の代表格としてソファがあるのだろうと考えており、

その理由としては二桁も違う価格面が背景にあるとも考えています。

一般的には数万円~数百万円の範囲となりますので、これほどまでに価格差が大きい家具は一部の特殊なものを除けば他にはないのではないでしょうか。

その中間的な価格帯をどの程度と捉えるのかについては個人差もあると思われますが、少なくともその耐久性を考えた際に一般的にはヴォリュームゾーンとされる10~20万円は違います。

一方では、それらヴォリュームゾーンとされる価格帯製品を購入される方々においては数年持てば充分と考えられていることは少ないとも思われます。

おそらく最低でも10年程度は普通に使用可能とのイメージを持たれているでしょうから、自信たっぷりに10年保証と謳う製品も少なくないのかもしれません。

10年間の保証で充分と捉えるのか短いと捉えるのかこれも様々でしょうが、一般的には10年間が一つの目安になると考えても大きなギャップはないのでしょう。

私が新卒時に入社した大手家具総合メーカー勤務時代には、「ソファの寿命について質問された際には7年程度と答えなさい」と耳にした記憶があります。

10年と答えると仮に5年で寿命を迎えた場合は半分となることからもクレームに結び付く・7年程度と答えれば仮に5年で寿命を迎えたとしても使い方に問題があったものと納得される・10年持てば上出来と思われるとの内容です。

それには絶句したもので、そのようなメーカーがすべてではないと思われるものの、その程度の自信しかない製品も少なくないようです。

実際の製造コスト面を考えると、おそらく10~20万円の価格帯では絶対的な自信が裏付けされる製品開発は難しいとも思われますので、最低でも40~50万円を適正価格と考えることが自然だと思われます。

上質な木材を露出させた製品は更に高額となることからも一般的な概念としては受け入れ難い価格帯となるのかもしれませんが、その価値は充分あるものがオーセンティシティソファとなります。

「デザイン性と機能性」

ソファのデザインにおいては、格好良さを意識するとロータイプ且つ大型となるように感じています。

 

背景として客層や住宅事情もあるのかもしれませんが、イタリア高級ブランドメーカー各社の製品を見るとその傾向が顕著だと思われます。

 

そのようなソファを綺麗に見せるためにも、その前に設置されるセンターテーブルの類は更にロータイプとなることからも、実際の機能性を想像した際には明らかにデザイン性が優先されていることが見えてきます。

 

一方、後頭部までホールドされるようなハイバックタイプにおいては、それを設置した際の圧迫感はさることながら、やはり格好良さを意識すると積極的にそれを描こうとはしないものです。

 

結果として別途ヘッドレストを設けることになるのですが、その機能を活かすためにも先ずは安定した座り心地とする必要があるため、背もたれの高さが重要になります。

 

一般的には肩甲骨をカバーすることが大事になりますので、必然的にSH(座面高)に対する絶対高が概ね決まってくると言うことです。

 

それらは製品サイズにて確認することも出来るのですが、ソファの場合は座面が相応に沈み込むため単に表示寸法だけでは判断できないことも事実です。

 

つまりデザイン性を求めると全体的にあまり高さがないものとなり、座り心地を代表する機能性を求めると相応な高さが必要になると言うことですので、この関係性は相反することになります。

 

ロータイプでありながらも安定した座り心地も持たせることは難しいと言うことになりますが、ソファの場合は座クッションの沈み込み具合を調整することにより背クッションとの相関関係を操作することも出来ますので、それを設計に取り入れる必要があるのです。

 

すなわち、ソファにおいてはその形状をデザインするだけではなく座り心地もデザインすることが必要になりますのでかなり奥深いものと言えるでしょう。

「ギャップ」

売りたいものと売れるものは必ずしも合致するとは限りません。

 

これは製品を開発する立場のメーカーであってもそれらを扱う販売店であっても双方に言えることのように感じています。

 

この辺りの見極めを誤ることは一般消費者にとっても決して良いことではありませんので、やはり慎重に判断したいものです。

 

その背景には経験値とは別に少なからず個人的な好き嫌いの感情もあるのかもしれませんが、「好きでも売れないもの」と「好きではなくても売れるもの」のどちらが良いのかについては言うまでもありません。

 

デザイナーは基本的に自分自身が好きなものをデザインすることになると思われますが、必ずしもそれが正解だとは言えないことも理解しています。

 

だからと言って自分自身が嫌いなものをデザインすることは難しいのですが、いわゆる売れるデザインとするための“抜きどころ”は心得ているものと思われます。

 

一方では、「売れるもの」との観点だけではデザインが成り立たないことも事実ですし、何よりも世の中のデザインの質を高める観点においては専門家としての務めもありますので、常にこの辺りについても意識することになります。

 

このことは開発者としてのメーカーであっても販売が専門となる専門店であっても、各々の専門家としての意識を常に持ち続けることが大事になるでしょう。

 

また忘れがちなこととして、最終的に良い結果を生むためにも各々の専門分野を尊重することも大事になりますので、下手に口出しせず任せる姿勢も必要だと思われます。

 

デザインを学び社会に出た当初より耳にしたことですが、決裁権を持つ代表者やその立場にある人間は消費者の代表の如く勘違いしないことによりギャップも少なくなるものと考えています。

「買い替え」

お引越しに限らず、ご自宅のリフォームを機に大物家具一式を買い替える方も少なくないようです。

 

例えばお部屋のテイストをナチュラルからモダンに変えたことにより、家具においてもその空間にはマッチしなくなったことが背景にあります。

 

その対象は家具に留まらない可能性もあり、そうなると費用面も膨れ上がることになりますので、予算面も決して無視できないことは間違いありません。

 

主要なものとしてはダイニングセットとソファがあると思われますが、ソファの場合はスタイルとしてI型(一台)にされるのかL型(二台)にされるのかにより費用面も大きく変わってきます。

 

これを機に憧れのカウチセットをイメージされている方も少なくないものの、そうなると二台分の費用となることもありソファだけで多くの予算を占めてしまうことになります。

 

結果として一台で我慢されるのか単価を落としてカウチセットの二台を購入されるのかの葛藤が始まるようです。

 

ここが大きな岐路となることもあり、いろいろなところに足を運ばれいろいろなソファを試されるようですが、結果としてソファ難民と自認される方々も少なからず生まれてくるようです。

 

予算面を絶対的なものとされる場合はその限りではないものの、多少なりともその幅を広げて検討される場合は益々分からなくなる傾向が感じられます。

 

その過程では他の家具との兼ね合いも含めていろいろな選択肢も生まれるようですが、最終的な判断は脳裏に焼き付いた座り心地に左右されることは否定できないように感じられます。

 

ソファの機能性を最優先に考えた際にはやはり絶対的な座り心地は無視できないものですし、安価な製品からは得ることが出来ない絶対的なものであることを基本としたソファ選びをお勧めしたいものです。

「機能性生地」

ソファにおける張地(生地)の重要性については何度か触れてきました。

 

選定基準としてデザイン性や座り心地と同等とまでは言わないものの、それにより室内の印象が大きく変わりますので決して軽視できない部分となります。

 

一般的にはベーシックカラーを中心として室内にマッチする微妙な色味を吟味したり、寛ぎを得るための肌触り感等を実際試したりするのですが、子供さんが小さい場合やペットを飼われている場合はかなりの比率で選択肢が狭まってしまいます。

 

ペットの爪立てには人工スウェードが強いとか、汚れがついても水だけで簡単に落とすことが出来るとか、最近はこのご時世もありアルコール除菌も可能であるとか、いろいろな情報が飛び交っています。

 

もちろんその部分を重要視される判断基準もあると思われますが、あまりにもその部分ばかりがクローズアップされ過ぎると本来張地が持つ大きな意味合いがかなり絞り込まれる印象が強くなります。

 

ある機能性を持たせることが開発コンセプトとなることからも、どうしてもその風合いだとかテクスチャーだとか微妙な色味だとかが多少なりとも犠牲になっている印象もあります。

 

結果として単調な印象になりがちですし、率直なところあまりおもしろくない仕上がりとなるように感じています。

 

ソファの張地としてのファブリックはそれこそいろいろな織り方があり、糸の色味や太さも含めると、そこからは多種多様な表情が生まれます。

 

それらを見ているだけでもとても楽しいですし、実際それをソファに張った際の仕上がり具合を想像するだけでもワクワクします。

 

オーセンティシティソファの表皮材はすべてカバーリング仕様となりますので、ウッドフレーム部のデザイン性や樹種との相性も含めてその組合せも多種多様となり、各々がつくり出す表情もとても興味深いものですので、極力選択肢の幅を広げることをお勧めしたいものです。