「直接」

ご新築やマンション購入を機に、インテリア全体のコーディネイトをプロに依頼される方も少なくないと思われます。

元来その需要があったため、専門家を育成する学校や資格制度も生まれた背景もありますので、決してそれ自体を否定するものではありません。

すべてを丸投げされる施主様も居るかもしれませんが、多くの場合はそれを機にご自身でもいろいろと勉強されることが共通しているように感じられます。

具体的な製品についてもご自身の足でいろいろとご覧になる方も少なくないようで、当初よりまったくの先入観がないこともあり結果としてプロが知らないようなものを見付けられることも珍しくないようです。

その過程ではアイテム別に気に入られたものにもめぐり会うことになるのでしょうが、それらを最終的には上手にまとめ上げる必要があることからも、やはりその点においてプロの存在は必要なのでしょう。

問題はそれらの売買にも関わってくることだと考えており、そのようにしなければいけない背景があることは比較的耳にすることです。

これはデザインにおいても良く言われていたことであり、特に日本の場合は家具デザインに対するソフト面に対する意識が低いように感じられます。

結果としてそれに対する対価が支払われなかったり、とても安価に済まされたりと、このようなことも相変わらず存在することを耳にすることになります。

同様なことはインテリアコーディネイトの世界でも見られるようで、ソフト面に対する充分な対価が認められにくいこともあり、結果として製品の売買にも関わってくることにあるようです。

時にはそれが主な収入源になることも珍しくないようですが、やはり直接やり取りを行うことによる施主様へのメリットはとても大きなものがあり、何よりもそれが施主様にとって間違いのない選択になることを強調しておきたいと思います。

「相談」

インテリアコーディネイトにおいては、製品知識が何もないことや自分自身のセンスを不安に感じられ専門家に依頼されるケースは少なくないのだろと思われます。

一方では、ご自身でそれを楽しまれる方々も少なくないことも感じられ、そのために必死で勉強され知識を高められる姿勢は共通しているようです。

結果として出来上がったどちらのインテリアが正解とも言えないものの、少なくとも後者のほうが個性的でご自身にマッチした空間になることも共通しているようです。

このように、仮に専門家でなくとも相応に知識を高めることにより大失敗とのインテリアにはならないのでしょうが、更に専門知識を必要とするような設計には素人が手を出すべきではないでしょう。

そのために公の機関による資格制度も設けられているのですし、それゆえその場合はその道の専門家に相談することになります。

それ自体は当然必要なことなのですが、専門分野以外においてもその流れで相談することは如何なものかとの感覚を持っています。

例えば建築設計において、室内に設置される家具においても建築士がそれを行うことも珍しいことではないようです。

空間を完成させる意味において家具も建築の一部でありそれも含めてひとつの作品だとすればそれも当然の行為かもしれませんが、似ているようで違うものが家具だろうとの考え方も持っています。

個人邸であればそれは施主のものですし、そこで暮らす人間の生活が最も大事になりますので、仮にそのことが最優先との位置付けとならない環境にあるとすれば、結果として相談は控えるべきなのかもしれません。

無意識のうちに、家具においてもご自身の建築物の一部として捉えられている可能性も否定できないため、とても難しいことですが相談者の見極めも必要になるのでしょう。

「納得価格」

家具に限らず、思いがけず高額なものを購入された経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

しかしながら多くの場合は納得されたうえで購入に踏み切ったように思われます。

要するにそのモノはもちろんのこととして、最終的にはその価格にも納得されたということであり、結果として多くの場合は大変満足いく買い物になったものとも思われます。

もちろんその一つとしては衝動買いも含まれるのかもしれませんが、多くの場合はご自身なりに納得するまで相応な経緯を踏んだのでしょうし、それゆえ失敗も少ないのかもしれません。

また結果だけで判断すれば衝動買いと感じられるものであっても、おそらく潜在的にそれを欲する意識がどこかにあったようにも感じますし、結果としてこれが失敗につながったとの内容は少数派のようにも感じられます。

家具においても、そのモノ自体に多くを期待することなく価格だけで判断したものでなければ、同様に購入に至るまではいろいろと調べ上げるものでしょう。

特に高額なものであればあるほど慎重にいろいろな情報を集めることになるでしょうし、もちろん現物確認は必要不可欠です。

体感家具の最たるものであるソファにおいては特にですが、相応に時間を掛けた現物確認は必須ですし、必然的に比較する製品も多くなるものと思われます。

その上で最終的に納得できる着地点があるのでしょうし、充分吟味したことによるやり遂げた感覚も満足感に結び付くのでしょう。

買い物とはそのモノの対価としてお金を支払うことになりますので、いわゆる納得価格であることが絶対的に大事なことでもありますので、その点においてオーセンティシティ家具も充分吟味いただくことで必ずや納得できるものであることを保証致します。

「座り心地」

ソファにおける座面のクッション性において特に多いものとして「長時間座っていても疲れないものは硬めの方ですよね?」との質問になります。

また腰痛を持たれている方においては、硬めのクッション性であることが絶対条件のようにお話されることもとても多いものです。

一般論としては正しいのかもしれませんが、ソファにおいては必ずしもその限りとは言えないことが現実です。

少なくとも「腰痛対応=硬めのクッション性」との認識は一度リセットしなければ、その方にとっての最適なソファ選びには結びつかないだろうと考えています。

現実的に、当初はとてもやわらかなクッション性に感じられていたものであっても、長時間腰掛けてみた結果としてこれが最も適していたとの声も少なくないものです。

もちろん座面のクッション性だけで判断することは出来ず、背もたれとの兼ね合いもとても重要になります。

むしろこのバランスが最も大事なことだと言っても過言ではなく、従って単に座面のクッション性(硬度)を判断基準とすることは最適なソファ選びにおいて妨げになることは間違いありません。

更に、座面や背もたれ部のクッション性だけの問題ではなく、それらの角度やその関係性もとても重要になるもので、それゆえとても専門的な分野になると言えるでしょう。

尚且つ、座面までの高さ(SH)や座面の奥行き(SD)も密接に関係してきますので、やはりプロのアドバイスが重要になることを認識することから始めた方がいいのかもしれません。

それらを熟知したうえでのソファデザインとなりますので、単なるフォルムデザインに特化したものを見抜く力も重要になるのかもしれません。

「程々」

ありがちなこととして、デザインと装飾の境界線が曖昧になってしまうことがあるようです。

特に室内においては、6面すべてに何かを施すことに意識が向きがちのようで、時にはやり過ぎてしまうことも珍しくないことなのでしょう。

その空間に設置されるソファやチェアにおいても同様な意識が働くようで、これらの場合は底面を除く5面ということになりますが、その各々に何かを施すとの意識が強くなることにより、結果として装飾色が強くなるのだろうと考えています。

おそらくデザインワークのプロセスの問題だと思われ、例えばデザインの基本となる静物デッサンを行う際に必要な全体的に正確な形をとるとの意識やその必要性を再確認するものです。

一点に意識を集中させ部分的に描き込むことは全体バランスを取るうえで失敗の原因にもなりがちですので、おそらくこの経験がデザインに生きるものと信じています。

更に、意識を一点に集中させる癖がついてしまうと、往々にしてやり過ぎてしまうことに繋がるようで、結果として全体的なまとまり感に欠けたものに仕上がってしまうようにも感じています。

また、ある素材や材料にこだわりを持ち過ぎることも避けたいもので、特別な事情がない限りこれを用いることが条件とならないように意識する必要性もありそうです。

これは過去に何度も記していることですが、デザインには良い意味での抜きどころも必要になると考えており、特に寛ぎの機能を重要視するソファにおいてはこれにより程よく緊張感も和らぐものです。

 

つまりやり過ぎないことが大事になると言うことであり、これはある意味とても難しいことなのですが、やはり程々に抑えることを常に意識することが必要になりそうです。