「椅子張地」

椅子やソファに張られる生地のことは一般的に椅子張り地と呼ばれることが多く、それはカーテン地等とは違いある基準のもと丈夫につくられています。

イタリアの場合は耐摩耗性を示す数値としてマーティンデールなるブラッシング試験があり、最低でも15,000回転をクリアすることが一つの基準になります。

オーセンティシティソファに使用されるイタリア製の生地はすべてこの基準をクリアしているため、ラインナップされているすべての生地を安心して選定いただくことが出来ます。

比較的多い質問として張地の耐用年数があるのですが、これについては使用状況により大きく変化することもありお答えすることは難しいことが現実です。

もっとも耐用年数だけが張地の選定条件とはならないことが一般的ですので、これはそのうちのひとつの条件に過ぎないと考える方が結果としてベストマッチな選択ができるだろうとも考えています。

このあたりはペット事情とも通ずるものがあり、例えば爪に強いとの条件だけを重要視することは結果として本末転倒となることも少なくないからです。

ラインナップが多いだけに選定される張地により価格が相応に違ってきますので、そのあたりもひとつの選定条件に入ることは否めません。

そこで少なくない質問として、価格差による張地の違いについての説明を求められることになります。

価格が高いから良い生地だとか、その反対だからよくない生地だとか、少なくともオーセンティシティソファにラインナップされている生地にそのような説明は適正ではありません。

すべてにおいて相応に思い入れがある生地となり、総合的な視点にてそれらを選定しているからです。

一方では価格差に説明が付かないといけないだろうとも考えていますので、上位の価格帯では一般的に厚手となることからも長いスパンでの耐久性に優れているとは言えるだろうと考えています。

「真剣度」

一部の例外を除き、高額となる家具はクオリティも高く耐久性に優れています。

永く使用されることからも、一般的にはいろいろと比較しながら慎重に検討されるものと思われます。

当然のように現物を確かめるべく、メーカーショールームや取扱店舗に足を運ばれることになると思われ、そこではメーカーの方や販売員の方より製品についての説明を受けることになります。

おそらくですが、その説明の内容もさることながら、親身になって「家具選びのお手伝いをします」とのスタンスにも少なからず影響を受けるのではないでしょうか。

当然のようにお客様よりも製品に対する知識が豊富ともあり、ともすれば「教えてあげる」との意識になりがちかもしれませんが、このあたりは敏感に感じ取ることが出来るのだろうとも考えています。

このようなことは、例えばインテリアコーディネーターが施主様の方で最初に見付けられたメーカー製品についてご案内する際に少なからず見受けられるように感じています。

いろいろなメーカーとの関係性も背景にあり、少なくとも施主様より経験が豊富との無意識の意識が感じられることも少なくありません。

しかしながら、ご自身が永年使用される家具を探される施主様の方が真剣度は格段に上となりいろいろと勉強されていますので、我々も決して侮ることは出来ないものと常に肝に銘じることになります。

それだけに、真剣に勉強されているお客様に対してはそれ以上の知識と経験に基づいたベストな内容を提供することが必要になります。

そのように考えると、我々の知識も真剣に家具を探されているお客様より得ることが少なくないのかもしれませんので、親身になって対応することは常に心掛ける必要があるのでしょう。

「ソファ移動」

ソファにおいては、一般的には常に移動させることは少ないと思われます。

しかしながらいわゆる脚無し仕様の場合は、そのわずかな空間に入り込んだ埃等の掃除をするためには移動する必要があります。

オールウレタン仕様のような軽量のソファにおいては簡単に移動させることも可能でしょうが、通常は相応に重量があるため少なくとも一人で持ち上げて移動させることは難しいものです。

そこで考えられる方法としては、脚部の底面にフェルト等を貼り床面上を滑らせて移動させることになります。

その場合においても、脚部底面の接着面積が相応になければ直ぐに剥がれてしまいますし、ゴミ等が噛んでいる可能性もありますので床面への傷付けには充分注意する必要があるでしょう。

そのようなことからも、やはりソファの足下は少なくとも掃除機のヘッドが入るくらいの空間がある方が衛生面の観点からも望ましいと思われます。

また、高耐久なソファほど重量が重くなり、ソファ重量と耐久性は比例するとの考え方もあるものの、いくら重量物であったとしても脚部底面にフェルトのような滑る素材を貼り付けてしまうと、腰掛けるたびに少しずつですが動いてしまいます。

ほんのわずかに動くくらいは問題ないだろうと考えがちですが、腰掛けたり立ち上がったりする動作は常に一定なこともあり、その積み重ねは意外と大きな距離になってしまいます。

例えばカーテンとの距離を一定に保ちたいにも関わらず、徐々に近付いたりそれとの関係性が平行ではなくなったりすることは多少なりとも気になるものです。

都度直すことも面倒ですし、ソファにおいては基本的に容易に滑ることがないような素材を貼り付けることによりしっかりと設置させることがお勧めですので、やはり移動させることなく掃除が出来るくらいの最低限のクリアランスは欲しいところです。

「クッションメンテナンス」

オーセンティシティソファにおきましては、お陰様で2003年の開発以来多くのお客様にご愛用いただいております。

替えカバーに付きましても何度か追加いただいている方もいらっしゃいますし、先日はそれを機にお客様宅に訪問させていただき、クッション中材の状態を確認させていただくことになりました。

15年ほどご使用いただいていることもあり、特に座クッションにおいては相応の使用感が見られるものの、フェザーバッグの中に挿入されているウレタンには大きな劣化は認められずメンテナンスすることにより相応に復元させることも出来ました。

フェザーバッグにおいては、多少なりとも縫い目よりフェザーが出てくることは避けられないのですが、機能性に影響するものではないため問題ありません。

しかしながら最も荷重が掛かるお尻の部分のフェザーの嵩が若干減っている感触は否めず、これについては多少なりとも周辺部分に移動していることが考えられます。

それに加えて、フェザー自体のふんわり感が若干失われている可能性もありますので、フェザーバッグのみの状態で天日干ししたり中材ウレタンを取り出したうえでクリーニングに出したりすることも効果的です。

それでも復元力が弱まっている感覚が拭えない場合は、羽根布団のようにフェザーの打ち直しを行うことも可能です。

もちろんフェザーバッグのみを新しいものに交換することも出来ますので、その場合はほぼ新品同等の状態に戻ることになります。

フェザーバッグの中に挿入されるウレタンにおいても、その形状が著しく変形することはないものの、15~20年程度使用されると若干でも軟らかくなりますので、それについても交換することにて新品当時の座り心地に戻すことが可能です。

ウッドフレーム部は代をまたいで使用することが可能ですので、替えカバーも含めて消耗品については適宜に交換することにて対応いただくことになります。

「明けましておめでとうございます」

例年同様の書き出しになるのですが、早いもので新年のご挨拶も今回で15回目となります。

これを機に過去14回分を一度に読み返すことも慣例化しており、ちょうど一年前には首都圏一都三県には緊急事態宣言が再発令されるタイミングだったことを再確認しているところです。

その後その猛威はピークを迎えたもののワクチン接種も着実に進んだこともあり全国的にかなり沈静化していたのですが、昨年末より新たな変異株となるオミクロン株が忍び寄っている感じで、それも年明けには一気に拡大する様相になっています。

個人的には大丈夫だろうと楽観視していた第6波の様相が顕著になってきた感じですが、この一年間の経験は決して無駄ではなかったと信じたい気持ちです。

コロナ禍により働き方は大きく変わったようで、ご自宅で過ごす時間が長くなったことによりソファの需要も高まっているのでは…との質問を受けることも少なくありません。

確かに一部ではそのような声も耳にすることになり、買い替え需要が少なからず見られたことも事実ですが、一般的に言われるほどの感触は抱いていないことも事実です。

比較的手の届きやすい価格帯製品においてはその恩恵を大いに受けたことも耳にしており、その場合はおそらく現状よりは改善させることを意識しているように思われます。

これは当然のことですが、更に意識を高めることにより現状と比較するのではなく絶対値として改善しようとする方向性になることも感じています。

そうなると相応に価格帯もアップしますので、かなり慎重に選定する必要があることからもコロナ禍はきっかけに過ぎず、これとは無関係のところで動かれることになるようです。

2022年においてはコロナ禍も確実に収束に向かい、家具業界においても良い年となることを祈っております。